お葬式の一日葬

お葬式と一口に言ってもその種類は豊富にあります。似たタイプのものもあり、どれがどう違うのかよくわからない、という人も多いのではないでしょうか。今回は、耳にすることも多い一日葬について紹介します。

一日葬というのは、家族葬とは異なっていて通夜を行わないというスタイルのものです。簡単に言うと、費用と時間を抑えたいけれどお別れの時間をしっかりと取ってお葬式をしたい、という人向けのお葬式です。日数も少ないので、高齢者の人であれば遺族の負担も減らしてお葬式をすることができるようになっています。このようなメリットのあるスタイルです。

精神的にも金銭的にも負担を減らしてお葬式をすることができるので、高齢者にはありがたいお葬式と言えるでしょう。お葬式と告別式のみを行うもので一日ですべて行うので一日葬と言います。ワンデーセレモニーと呼ぶこともあるのが大きな特徴です。

このお葬式は、家族を中心に故人と親しかった人で行うものです。少し家族葬に似ている部分もあります。費用も時間も抑えたい、という人は直葬という火葬式が効果的です。お葬式を行わない、という連絡はすることが肝心です。直葬は、費用も時間もかけたくないという人向けのスタイルです。