お葬式の生前葬

お葬式の生前葬ですが、一般葬とは異なりどのようなスタイルのお葬式なのでしょうか。生前葬は、その名の通り生きているうちに行うお葬式です。元気なうちに伝えたいことや感謝の気持ちを伝えたい、という人がこの生前葬を行っているのがお葬式の特徴でしょう。

お葬式というのは、人が亡くなってから行われるのが普通ですが宗派や主義、考え方によって様々なお葬式のスタイルがあり最近では多様化しています。

生前葬の流れですが、以下の通りです。生前葬の挨拶から始まり、自分史の上映がされたり親族や親しい人のスピーチ、余興などもあります。また会食や歓談、本人の挨拶、生前葬閉式の挨拶と行われるのが特徴です。生前葬では一般的なお葬式とは異なり生前葬の流れは自由に決めることができるようになっています。伝えたいことを自由に伝えられる生前葬も人気もあります。自由度の高いスタイルで、自分の考え通りにできるのがポイントです。

ただ、お葬式を行う場合には家族と相談をして何を伝えるのか宿のようにお葬式を行うのか相談をすることが肝心です。伝えたいことがちゃんと伝わるようにお葬式を決めることが大事です。生前葬は、葬儀社と相談をして決めることもできます。